⑤MT4チャート画面のカスタマイズ、インディケータの追加・削除手順

今回はMT4チャート画面のカスタマイズ手順です。

MT4では自身の使いやすいようにチャート画面を変更することができ、
チャート画面にインディケータを追加(複数同時追加も可能)することができます。

チャート表示の変更

今回はチャート表示を「バーチャート」から「ローソク足」へ変更します。

「気配値」画面で「チャート」をタップします。

チャート画面の真ん中辺りをタップします。

「インディケータ」「オブジェクト」「設定」が表示されますので「設定」をタップします。

「チャート」画面で「ローソク足」をタップしローソク足にチェックが入った後に「更新」をタップします。

チャート表示が先ほどの「バーチャート」表示から、下記画像の通りに変更されていれば「ローソク足」に変更完了です。

以上でチャート表示の変更(今回は「バーチャート」から「ローソク足」)が完了となります。

チャートのカラー変更

次はチャートカラーを任意のカラーへの変更手順です。

チャート画面をタップし下記画面を表示させたら「設定」をタップします。

チャート画面で「カラー」をタップします。

「カラー」画面で「スキーム」をタップします。

「スキーム」画面で「Custom」をタップします。

カラーを変更する任意のものをタップします。

「前面」画面でカラーを選択し「保存」をタップします。

カラーの変更が全て終わったら「更新」をタップします。

インディケータの追加

次はチャート画面にインディケータを追加させる手順です。

今回追加させるインディケータは「Moving Average」「MACD」です。

 

先ずは「Moving Average」を追加します。

チャート画面で「f」をタップします。

「インディケータ」画面で「メインウィンドウ」をタップします。

「インディケータ追加」画面で「Moving Average」を選択します。

「設定」画面で「完了」をタップします。

チャート画面に戻り、チャート画面でローソク足に絡んでいる青い線が「Moving Average」です。

 

次は「MACD」を追加します。

「インディケータ追加」画面で「MACD」を選択します。

「設定」画面で「完了」をタップします。

チャート画面に戻り、チャート画面に新たに追加されているものが「MACD」になります。

以上でインディケータの追加(今回追加は「Moving Average」「MACD」)が完了しました。

インディケータの削除

次は今追加した「Moving Average」を削除させます。

インディケータ追加で説明した順に「インディケータ」画面を表示させ「編集」をタップします。

「⊖」をタップします。

「削除」をタップします。

「インディケータ」画面で「Moving Average」の表示か消えており、チャート画面でも「Moving Average」の線が消えています。

 

以上でインディケータの削除(今回は「Moving Average」)が完了となります

 

今回はMT4チャート画面のカスタマイズ、インディケータの追加・削除手順でした。

次はMT4チャート画面へのオブジェクト追加手順です。