テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

2種類の分析方法

為替値動きの分析方法には2種類あり、

「テクニカル分析」

「ファンダメンタルズ分析」

があります。

テクニカルという言葉はなんFX以外でも聞いたことがあると思いますが、ファンダメンタルズという言葉はFXに触れていない方のは聞き馴染みがない言葉のはずです。

先ずはどちらも簡単にいいますと、

テクニカル分析は過去のチャートを元に為替の動きを分析・予想するもの

ファンダメンタルズ分析は国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などを元に為替の動きを分析・予想するもの

となります。

テクニカル分析は視覚的、ファンダメンタルズは国際的な要因といった感じでしょうか。

テクニカル分析

相場の値動き(過去のチャートデータ(価格・時間など))を視覚的にグラフ化し、分析することを「テクニカル分析」といい、 相場の流れ、投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測します。

テクニカル分析につきましては、これからのブログでも出てきますが、一言でいいますと相場をナビゲートしてくれるもの、要するにチャートを分析する際のお助けアイテムのようなものです。

特に初心者の方がチャート画面を見ても、いきなりチャートの流れが分かることはなく、その際にテクニカル分析を使用することで、チャートの流れをよみやすくするものです。

ただし、絶対的なものではありませんし、使用するテクニカル分析によって、その時々のチャート状況に応じた得意不得意があり、また同じテクニカル分析であってもトレーダーによって使い方が変わる場合もありますので、やはり経験が必要となります。

ファンダメンタルズ分析

各国の景気や経済状況、雇用情勢、生産、物価などの基礎的な要因を分析することをいいますが、ファンダメンタルズを分析しようとしますと、それだけで膨大な情報量になってしまします。

ですので、今までのブログでも書いてきましたが最低限、毎日のトレードの前に経済指標の確認をし、重要な経済指標の発表のある時間帯の前後のトレードは避けるということを覚えてください。

経済指標については下記の過去ブログをご覧ください。

【その日の取引を開始する前に経済指標の確認を】

【FXのマイナスイメージを学んで理解する その③【経済指標】】

 

多くのFXトレーダーは、テクニカル分析で相場を分析しており、ファンダメンタルズ分析は機関投資家や大口投資家がその時々のタイミングで仕掛けるものだというものであると思いますので、そこに個人で立ち向かうのはやはり無謀であると思います。

以上のことから、私からはテクニカル分析を学んで鍛え、ファンダメンタルズ分析に関しては先ほどの繰り返しになりますが、その日のFXをする前に、その日の経済指標の確認をし、重要な指標が発表される前後のFX取引はしない。とお伝えさせていただきます。