トレンド相場とは?

チャートの流れ

以前のブログでローソク足について書いておりますが【ローソク足とは!?】、一本のローソク足の中には相場の状況が含まれております。
ですので、チャートの流れをみるには、先ずローソク足を理解しなければなりません。

そしてローソク足を複数ならべることによりチャートが形成され、そのチャートの流れ(トレンド)で相場の状況などを確認することができますので、今回のブログはチャートの流れ、トレンドについてになります。

トレンドには3種類のトレンドが

トレンドには相場が上昇傾向にある状態、反対に下降傾向にある状態、またはそのどちらでもなく、上昇下降の方向性が定まっていない状態があり、下記の3種類でよばれています。

・上昇トレンド
・下降トレンド
・レンジ相場(ボックス・もみ合い・横ばい相場)

上昇トレンド

図のように相場が右肩上がりし、相場が上昇傾向にある状態の相場を「上昇トレンド」といいます。

下降トレンド

図のように上昇トレンドとは逆で、相場が右肩下がりし、相場が下降傾向にある状態の相場を「下降トレンド」といいます。

 レンジ相場(ボックス・もみ合い・横ばい相場)

明確な上昇または下降の状態ではなく、チャートの流れの方向性が定まっていない状態を「 レンジ相場(ボックス・もみ合い・横ばい相場)」といいます。

それぞれのトレンド状態に対するエントリー予測

上記のそれぞれ状態からのエントリーの予想立てとしては、

 

・上昇トレンドの流れに沿って買いでエントリー、下降トレンドの流れに沿って売りでエントリー

上昇トレンドが終わり、下降に反転するのを狙って売りエントリー

・下降トレンドが終わり、下降に反転するのを狙って買いエントリー

・レンジ相場内の上げ下げで利を取っていく

・レンジ相場から、上抜けするタイミングで買いエントリー、または下抜けするタイミングで売りエントリー

 

を予想立てする事ができます。
あくまで予測ですが、基本パターンをでまとめるとこう考えられますね。

 

ダウ理論

ダウ理論についてはこれからのブログで書きますので、今回はさわりだけですが、

ダウ理論におけるトレンドの定義は、

・上昇トレンド:高値・安値が、その前の高値・安値よりも上にある(図:1)
・下降トレンド:高値・安値が、その前の高値・安値よりも下にある(図:2)

となります。

図:1                 

①の安値よりも②の安値の方が上にあり、②の安値よりも③の安値の方が上にあり、③の安値よりも④の安値の方が上にある。
⑤の高値よりも⑥の高値の方が上にあり、⑥の高値よりも⑦の高値の方が上にある。

この様にダウ理論での上昇トレンドの定義は「安値高値ともに、その前よりも上昇している」となります。

図:2

①の安値よりも②の安値の方が下にあり、②の安値よりも③の安値の方が下にある。
④の高値よりも⑤の高値の方が下にあり、⑤の高値よりも⑥の高値の方が下にある。

この様にダウ理論での下降トレンドの定義は「安値高値ともに、その前よりも下降している」となります。

 

ことらはレンジ相場(ボックス・もみ合い・横ばい相場)ですが、図のように一定の範囲内で下降、上昇を繰り返しており明確なトレンドが発生しておりません。

上下に引いた赤線の範囲内で、相場が上下していますのでトレンドが発生していませんが、先ほど書いたように、レンジ相場内で相場が動いていると判断できれば、レンジ相場内での値動きを狙って、買い売りエントリーで利益をとるという考え方もできます。

またはレンジ相場を抜けるタイミングを狙ってエントリー予測することも可能となります。

ただ、レンジ相場でエントリーのタイミングを狙うよりは、明確なトレンドが発生している状態でトレンドに沿ったエントリーする事を考えた方が良いですね。

先ずは経験を積む

今回はレンジについてでしたが、トレンドが発生しているからといって、今回書いた様にトレンドに沿ったエントリーをしていれば確実ということではありませんし、相場はいきものですので、常に同じパターンがあてはまるわけではありません。

ただ、チャートの流れは集団人間心理の表れ、過去のチャートから判断することもできますので、経験を積み、チャートをみることに慣れていくことにより、FX取引の精度が上がっていきますので、先ずはそこから始めていきましょう