ローソク足とは

ローソク足は日本発祥

ローソク足は江戸時代の日本で発明され、今では為替、株で使用されていますが、元来は米の取引に使用されていました。

米の取引というところが日本発祥というのも納得できますね。

図の赤色のローソク足が初値よりも終値の方が値上がった状態で終わった状態を表しており「陽線(ようせん)」

図の青色のローソク足が初値よりも終値の方が値下がった状態で終わった状態を表わしており「陰線(いんせん) 」

と言います。※必ずしも青色が陽線・赤色が陰線とは限りません。

 

本体を「実体」実体の上下にある線を「ヒゲ」といいます。

実体は今書いたように一本のローソク足が形成させる際の始まりと終わりを示しており、ヒゲはローソク足が形成される間についた最高値、最安値を示しています。

一本のローソク足が形成される流れは、初値(始値)でスタートし、高値または安値をつけ、終値をつけた時点でローソク足が形成となります。

また、実体の長さはその時々の為替状況でで、実体が殆ど無い時もあり、ヒゲも同じでその時々の為替状況によって長さが違い、ヒゲが無い時や上下どちらかにしかヒゲがない時もあります。

この様に、ローソク足を見ることで為替の値動きをよむことができます。

ローソク足の時間設定は変更可能

チャート上で表示されるローソク足の時間は1分足、5分足、1時間足、日足など様々あり、ご自身で変更が可能です

2通りのローソク足を比べた時に、時間の短いローソク足を「短期足」 時間の長いローソク足を「長期足」 といいます。

5分ローソク足の中には1分足が5本分あり、1時間足の中には15分足が4本分、5分足が12本分あります。

例えば5分足や15分足で取引している人は5分足、15分足が短期足、1時間以上の足が長期足となり、1時間足や4時間足の長期足で相場の大きな流れをみて、短期足に落とし込みエントリーしていくと大きな流れに沿ったエントリーができます。