先ずはFXで勝つことよりも負けないことを考える

FXをしていると負けることは当たり前にありあます、特に初心者の方であれば勝つことよりも、負けることの方が多いです。

その時にどのように考えれば良いのか。

今回はその点についての内容になります。

負けが続いた時、予想通りにいかなかった時、
どのような感情になってしまうのか、そうなってしまった時、そうならい為に。

今回はそのような事を書いています。

FXは確率論と考える

投資するということは当然ですが、利益を上げることを考えます。
 
それは間違いではありませんが、FXに関して、特に初心者の方は「負けないこと」「損失を増やさないこと」を先ずは考えましょう。
 
 
極論から言えば、負けなければ勝ちが残るだけ。
勿論ずっと勝ち続けられることはありませんが、勝つことよりも負けないことを意識していけば、無駄な取引をしないようになります。
 
どうしても、
 
「勝ちたい」
 
「利益を上げたい」
 
という気持ちが強いと、曖昧なポイントでも無理に取引しがちになります。
 
 
ただ、負けないことを意識していると、
 
「ここのポイントは完璧な取引ポイントではないから避けておこう」
 
と考えられるようになります。
 
 
もしそれで自分の考えと反転し、結果的に利益を出すことのできるポイントであったとしても、
 
「結果的に負けはしなかったので良しとしよう
 
「ルール通りに見逃すことができたのだから大丈夫」
 
と考えるようにし、負けた場合もルール通りに取引できていたのならば、
 
「FXは確率論」
 
と割り切るようにしましょう。
 
ただ、どうしても熱くなってしまうことはあります。
そして、そのような精神状態でFXしても更に悪い方向へ進んでしまうだけです。
 
そのような改善方法としては、、、その日はFXから離れて気分転換してください。
 
単純なことですが、これが最善の手段です。
 
 
最後に、以前あるFXプロトレーダーの方からこのような考え方を教えていただきました。
 
「FXは確率論。勝った負けたことよりも、ルール通りに取引できかたどうかの方が、何よりも重要で大切です。
しっかりとしたルールで取引していても負けることはありますが、そのことに嘆く必要はなく、ルール通りに取引できていれば少しずつでもお金は増えていきます。」
 
言葉は全く同じではありませんが、私は今でも毎日同じ時間にアラームをセットし、教えていただいた考え方を表示させ再確認しています。
 
 
今回のブログの要点は、
 
・先ずは勝とうとするのではなく、負けないことを考える
・勝ち負けよりもルール通りにFXする事が大切
・FXは確率論なので負けたとしてもそう割り切る
・熱くなってしまった時はFXから離れる
 
でしたが、単純な事でありながら、その単純な事できないからこそ多くの方が、FXを諦めてしまいます。
 
ですので、皆さんもFXのスキルを学ぶと同様に、常にFXに対する考え方・精神面の鍛え方も学んでいきましょう。