損切りを受け入れよう

損切りのおさらい

 

これまでのブログで損切りのことを書いてきましたが、一言で言ってしまえば損切りとは、

「損失が今以上膨らむ前に見切りをつけて取引を終了させる」

ことです。

人は誰しも自身に都合のよい記憶を持っているものですので、エントリー後に予想の反した方向に相場が動いたとしても、

 「前にも同じようなパターンがあったが、その時はその後相場が戻り、最終的には利確できたからもう少し様子を見よう。」

 と考えてしまい、ルール通りに決済(損切り)しなければいけないタイミングでも決済できずに、ルールを無視して自身の都合のよい考え方でその後も相場を見続けてしまい、決済が遅れるにつれて損失が増えてしまい、最終的にはあの時に決済しておけばよった。。。と後悔することになります。

この様なことはプロトレーダーと呼ばれている方でも経験していることであり、損切りを受け入れられてこそFXで稼ぎ続けられています。

損切りは授業料

以上の様に、FXで利益を出す為には損切りが不可欠になります。

損失を損切りする行為が、何故利益を出す為には不可欠なのか、おかしな話ですが、

「損切りは仕方のないこと、損切りは授業料」

と考えられる事が大切であり、ルール通りに損切りできるようになれば、損失がでた時も損失を最小限に留められます。

2度のエントリーで2度とも利益を取れたとしても、その後の1度のエントリーでの損失が、その前の2度の利益を上回ってしまえば、結果的に損失が大きくなってしまいます。

反対に、2度のエントリーで2度とも損失を出してしまった際も、しっかりと損切りができていれば、次の1度のエントリーでの利益でその前の2度の損失分を挽回することも可能になります。

以上のことを常に考え、

損切り = 損

と考えずに、

損切りはFXで利益を上げていく為には必要不可欠であり、損切りを制してFXで勝つ。

という様に考えていきましょう。