FXでは複利の力で利益拡大が可能

複利の力

複利という言葉は特に珍しい言葉ではありませんが、相対性理論で有名なアインシュタインが、

人類史上最大の発見は「複利の力」である

宇宙で最も強大な力は複利である

といわれていたと聞けば凄いことの様に感じますし、実際にFXでは複利の力を使い利益を伸ばすことが可能になります。

FXははじめは小資金からコツコツと資金を増やしていき、慣れるにつれて作業量を減らしながら資金を増やすことのできる可能性を秘めているとは以前のブログで書かせていただきましたが、それは複利の力を使うことで可能となります。

単利と複利の違い

はじめの元本に対してのみ金利がつくものが「単利」

はじめの元本の金利に金利がついていくものが「複利」

となります。

 

例えば10万円を投資した場合、
単利の場合は、10万円の元本にのみ毎月10%増えますので、毎月の増える金額は毎月10,000円ずつです。

1ヶ月後 11万円 

2ヶ月後 12万円

3ヶ月後 13万円

1年後 22万円

2年後 34万円

3年後 46万円

 

複利の場合は、10%の金利に毎月10%がついていきますので、一ヵ月目は増える金額は10,000円ですが、二ヶ月目は11,000円に対して10%の金利がつきますので、増える金額は11,000円になります。

1ヶ月後 11万円 (10万×1.1)

2ヶ月後 12.1万円 (11万×1.1)

3ヶ月後 約13.3万円 (12.1万×1.1)

1年後 約31.3万円 (10万×1.1の12乗)

2年後 約98.4万円 (10万×1.1の24乗)

3年後 約309.1万円 (10万×1.1の36乗)

 

複利単利ともに最初は大差ありませんが、1年後から差が出始め、3年後では単利と比べ、7倍近くの差が出ています。

そして、はじめの元本の10万円以降は追加入金していない点に注目いていただきたいのですが、
毎月安定的に10%の利益を出せることが前提にはなりますが、この計算式通りに初期投資金を10万円を入れた後は、資金を追加しなくても「複利」の力で、単利と比べ年数が経つにつれて莫大な利益を得ることも理論上では可能となります。

FXでの可能性

FXでは初心者の頃よりも力をつけていくにつれて、作業量を減らしながら、利益を取っていけることが可能になりますので、

「金銭的リスクを極力抑えた投資金でスタートし、作業量を減らしながら、複利の力で将来的に小さな投資金を大きな資産として築いていける可能性がFXにはある」

と言えます。

投資に絶対はありませんが、FXでの可能性は誰もが平等に得られますので、このような話も知っていればFXに対して夢が持てますね。