FXで利益を得る仕組み(キャピタルゲイン・インカムゲイン)

FXでは為替レートの変動で利益を得るということは以前のブログで書いていますが具体的には、

「キャピタルゲイン・インカムゲイン」

というものになります。

今回はそのキャピタルゲイン・インカムゲインについてです。

FXで利益を得る方法

FXで利益を得る方法は大きく分けて今書いた2種類になります。

①キャピタルゲイン

コチラがFXで稼ぐメインの方法で、一般の方もイメージされているであろうものです

キャピタルゲインは、

「通貨価値の変動【差】」

で利益を得ることをいいます。

通貨の価格は常に変動しており、そこで生じる価格差で稼いでいく意味です。

TVのニュースなどで、

「現在の東京市場は、1ドルあたり100円10銭です。」

といわれているものが通貨の価格になります。

 

例えば、1ドルを100円で買い、その後1ドル110円になった時に日本円に換金すれば、差額の10円がキャピタルゲインで利益を得られた、ということになります。

②インカムゲイン

インカムゲインとは、外国通貨を継続して保有することで得られる利益のことをいい、金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買えば、その金利の差額がインカムゲインとなります。

株式投資の配当金で利益を得ることに似ていますね。

それぞれの国によって政策金利は異なり、日本は年利0.1%など、円の利を低く設定しています。
日本円の金利が年利0.1%の時に、年利1.1%の通貨を買えば差額の1%がインカムゲインとなります。

株式では配当よばれるもので、
FXでは「スワップポイント」「スワップ金利」といわれるものがインカムゲインとなり、スワップポイントは、年利の差額の1/365が毎日つきます。

外貨預金における利息は毎日つきませんが、FXにおけるインカムゲインは毎日得られるが特徴です。
逆に金利の低い通貨を購入して保有し続けると、スワップポイントを支払い続けることになります。

 

今回はFXで利益を得る仕組みについてでした。

大量資金を投資する方であればスワップポイントで利益を得ることができますが、そうでなければ、基本的にキャピタルゲインで利益を得ていくと考え、インカムゲインはおまけ程度に考えたほうが良いですね。