FXで負けた時、その後をどう考えるのか

失敗は成功の母

何に対してもそうですが、結果が出ない時にその後にどのように考えていくかが重要になるのは、言うまでもなく、皆さんも色々な経験の中で体感しているはずです。

今回のブログはFXに関しての、負けた後にどのように考えればよいのか。についてです。

先ず、FXに限らず、負ける時や結果のでない時というのは、あって当然のことです。
何ごとも良い事ばかりではないですし、良い結果ばかりではありません。
特に初めの頃は失敗がつきもので、成功に失敗はつきもの、失敗は成功の母、と言われるように、失敗がなければ成功はなく、一度も失敗なく成功した人はいないでしょう。

トーマス・エジソンもこのように言っています。

 

「失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。」

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。」

「成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。

 

ここで言われていることは、

 

・失敗を失敗と捉えるのではなく、学びと捉える

・失敗というものに対しての考え方自体が間違っている

・失敗が続いたとしても、成功するまで諦めてはいけない、何度も失敗して諦めた次に成功があるかもしれない

・成功する為には、失敗から考えること、努力することが必要

 

であり、要するに、

 

【失敗をそのまま失敗と捉えずに、勉強だと捉え、成功するまで諦めてはいけない、
その為に失敗した要因を考え、成功に繋げる為に努力しなければならない】

 

というようなことが考えられます。

いわゆる、成功法則ですね。

当たり前のことではありますが、皆さんも体感済みの通り、誰もが当たり前だと思っていながら、そして単純なことであるにも関わらず、実際には難しいことです。

ただ、それが出来てしまえば、成功がみえてきますし、そこを通らずして成功は出来ないといえます。

 

FXの取引の停止ラインを決めておく

前置きが長くなりましたが、FXでも失敗、負け、ということは常にありそれは頻度が違えど、専業トレーダーやプロトレーダーであっても同じです。

そしてプロトレーダーと初心者の差は、負けた時、負けが続いた後の考え方、行動に大きな差があります。

例えば、負けが続いた時、初心者であれば熱くなってしまい、無暗で不要な取引が増え、結局は負けを取り戻そうとして、負けがさらに続き損失が膨らみます。

プロトレーダーであれば、予めここまで損失がでたら、または何連敗したら、一旦FX取引を休めそうなった要因を検証し、次の戦略を練ります。

経験の差といえばそれまでですが、プロトレーダーであっても当然初心者からスタートしていますし、初めから今と同じ行動はできていなかったはずです。

ただ、負けをそのままにせずに、負けを勉強だと捉え、負けた要因を考え、次の勝ちに繋げ、諦めずに努力し続けたからこそ、プロトレーダーになれているのです。

休む、手を止める

以前のブログでも書いていますが、ルール通りに取引していたとしても、負ける時はあります。

ルール通りの手法がその時の相場に合わなかっただけかもしれませんし、負けを引きずることはありません。

エントリー後の相場の流れは誰にも分かりません、エントリー後は勝つか負けるかの2択であって、確率論で負けただけと考えましょう。

多くの取引の中での勝ち負けなんて、なんてことはありません。

ただ、今回のブログで書いた様に考え、行動する癖をつけましょう。

それが難しい段階であれば、負けが続いたらFX取引の手を止め、休む。先ずはこれだけ考えて、しっかりと行動して下さい。