FXとは?先ずはFXを学んでFXで稼げるイメージを掴もう

人は学ぶこと、経験することによってのみ成長する

前回のブログではFXに触れたことが無い方がFXに対して抱かれているイメージについて書きましたが、どうだったでしょうか? 

FXに触れたことがない方であればやはり、FXで稼ぐことよりも、FXは怖いというイメージを抱かれているのはずです。

これも前回のブログで書きましたが、私も実際にFXに触れる前はFXに対して稼げる可能性はあるが、それよりも怖いイメージの方が強く、また、自分にはこれから先の人生もFXは縁のないものだと思っていました。

ただ、経験者の方から話をきかせていただくにつれ、マイナスイメージよりもFXには誰でも稼げる可能性があるものだと想像できるようになりました。

そしてマイナス要素の話を経験者目線で説明を受ける度に、その恐怖心も無くなりました。

しかも、FXについて何か難しいことを学んだ訳ではなく、自分がFXに対して怖いと思っていたことを理解するだけで、FXに対してのイメージが良い方向へ反転しました。

「単純にその部分について、簡単に学んだだけ」

たったこれだけです。

要は、人間は自分の知らないことに対しては恐怖心を抱きがちだけれど、少しでも学んでみれば実際にはその恐怖院はたいした事ではなかった。ということです。

学生時代に勉強をするほど新たな学びが増え、勉強が楽しくなったように。

小さい頃に自転車の補助輪を外して乗るのが最初は怖かったけれど、乗れるようになってしまえば、当然恐怖心は消え、移動が楽になることを経験できたように。

FXも学んでしまえば、それまでとは違うものになります。

今まで経験してきた事をFXでも同じことをすれば良いだけです。

勉強や自転車でやってきた事をFXに置き換えただけです。

このように考えてみてください。

 

どうですか?

これだけでも何となく気持ちが変わりましたよね。

ただ、がっかりさせて申し訳ありませんが、残念ながらFXは単純に誰でも簡単に稼げるものではありません。

そして、そのことを常に頭に入れながらこれからFXを一緒に学んでいきましょう。

 

過度な期待は上手くいかなかった時の反動が大きいです。ですので、

「FX決して簡単に稼げるものではない。ただしっかりと学びコツコツ進んでいけば、稼げる可能性を秘めているもの、それがFXである」

常にこう考えていればしっかりと学ぶ気持ちになりますし、少しの失敗も結果の為にはしょうがない事と思えるようになります。

それでは今回はFXについて簡単な説明になります。

FXとは?

FXの正式名称は「Foreign exchange」といい、日本語では「外国為替証拠金」のことをいいます。
では、外国為替とは何なのか?

例えば、円とドルといった異なる国の通貨を交換することで起こることをいい、FXトレーダーはその為替レートの変動で利益を得ていきます。
 
 
為替レートとは1ドル=120円といったもので、皆さんもニュースなどで聞き馴染みがあると思います。
 
FXでは国と国の通貨の為替差益で利益を得ることができます。
 
FX取引の基本は「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」です。
 
 
例えば、1ドルが120円の時に買い、その後1ドルが121円に上がった時に売った場合は、買ってから売った時に上がった1 円が利益となります。
 
また、1ドルが120円の時に売り、その後1ドルが119円に下がった時に買い直した場合は、売ってから買い直した時に下がった1円で利益となります。
 
逆に、1ドル120円の時に買い、その後1ドル119円に下がった時に売った場合は、買ってから売った時に下がった1円が損失となります。
 
 
為替は常に上下に変動していますので、このように買い注文と売り注文のどちらでも利益を得ることが可能となります。
 
そして、FX取引は株よりも取引時間が長く、平日であれば24時間取引可能ですので、会社員の方でも帰宅後にFXができますので、ライフスタイルに関係なく投資ができるという利点もあります。
 
 
今回のブログは、FXの基礎の基礎でしたが、先ずは順にFXに触れることから始めていただきたいのと、一気に情報を与えるのではなく、少しずつ順に学んでいただきたいので今後も基礎から順に書いていきます。
 
山を登るように、先ずは身支度を整え、登山の計画を立て、しっかり着実に順に進んでいきましょう。