FXの注文方法

 

FX取引は、買いから始めることも、売りから始めることは前回のブログで書きましたが、

「買い」でエントリー(取引開始)した後に「売る」こと(取引終了)
「売り」でエントリー(取引開始)した後に「買い戻す」こと(取引終了)

で、利益もしくは損失が確定します。

要するに、新規のエントリー(取引開始)し、エントリーした反対の売買(取引終了)をすることで、はじめて利益または損失が確定します。

注文方法の種類

FXトレードには様々な種類注文方法があり、

今すぐ取引したい場合に、今のこの価格で買い注文、または、売り注文する「成行注文」

指定した値段以上で買い、または、指定した値段以上で売り、と価格を指定する「指値注文(リミット注文)」

指定した価格よりも高い価格で買い。または、指定した価格よりも安い価格で売る。と価格を指定する「逆指値注文(ストップ注文)」

などの注文方法があります。

各注文方法には、以下の様な特徴があります。

成行注文

・確実、即時にエントリーできる。
・為替レートの指定をしていないので、「約定(やくじょう)レート」が約定後に判明する。
(例として、100円でエントリーしたが、約定レートが99円であるという様なことがおきます。この様にエントリーと約定レートに差がでてしまうことを「スリッページ」といいます。)

指値注文

・買い、売りの為替レートを指定できるので約定(売買が成立すること)する為替レートでエントリーできる。
・指定した為替レートにならないとエントリーされない。
・事前に為替レートを指定して注文できるのでずっとチャートを見ていられない人でもエントリーできる。

逆指値注文

・相場のトレンドにうまく乗りやすい。
・指定した為替レートにならないとエントリーされない。
・事前に為替レートを指定して注文できるのでずっとチャートを見ていられない人でもエントリーできる。

初心者がエントリー・決済の際に気をつける点

また、FXを始められたばかりの方によくあるミスとして、

・買い注文と売り注文を間違えてエントリーしてしまう

・エントリー後に連続しエントリーしてしまう

・決算しようと思いながら再度エントリーしてしまう

などの凡ミスに注意しなければいけません。

初めは焦ってしまいますが先ずは、デモトレードで慣れるまではエントリーし、リアルトレードではエントリー時や決済時に焦らないように気をつけてくださいね。