FXは静の姿勢で相場を待つ、相場を見逃すことの大切さ

FXでは利益を上げる為にはトレードしなければなりません。

黙ってチャート画面を見ているだけでは何もなりません。

が、実はFXでは動いて取引するよりも、じっと待ちの姿勢でいることの方が大切なこともあります。

これだけ聞くと意味が分からないとでしょうが、今回の内容を頭に入れておいてください。

実際にFXをしていく度に理解していただける内容ですので、先ず今の段階ではこのような考え方が必要であるということをしっかりと頭に入れおきましょう。

自分に都合のよい考え方でFXをしない

 
当たり前のことですが、FXでは取引しなければ利益を出すことができません。
 
そして、損失がでることもありません。
 
ただこれでは、ノーリスク・ノーリターンでもなく、要するに取引をしていない状態です。
 
しかし、その静の状態の方が実際は多いです。
 
 
何故かと言いますと「今のこの状態で取引すれば、勝てるだろう!!」と誰もが同じタイミングで確実に確信を持てる取引ポイントはそうそう無いからです。
 
それは人それぞれ学んできたことや手法が違えば、同じFXチャート画面を見ていても取引するポイントは違いがでます。
 
ただし、FXでは基本的に相場が上がれば買う人が増えますし、下がれば売る人が増えます。
 
このように人間心理によってチャートが変動しますが、今書いたように全ての人が確実に確信を持って取引できるポイントは多くはきません。
 

負ける要素が少ない時に取引する

私はFXでは「勝てるポイントを探して取引をする」より「より負ける要素が少ない時に取引する」と考えた方がよいと考えます。
 
この考えは特に初心者の方へ向けての考え方ですが、初心者の方は当然ながら、経験も知識もまだ少ない状態ですので、確信を持って取引するのが難しくなります。
 
ですので、勝てるポイントを探すことも大切ですが、曖昧になりがちで、
 
「まぁ、大丈夫だろう。」
 
「多少不安はあるが、ずっとよい取引ポイントを待っていたけれど、タイミング来ないし、これぐらいの相場感なら大丈夫だろう。」
 
「 相場をしっかりと見ずに取引してしまう。」
 
「 この後の相場がこう動いたらいいなという自分勝手な願いを込めて取引してしまう。」
 
と、自分に都合の良い考え方で取引をしてしまいます。
 
経験による根拠があればよいのですが、このような考え方で取引をしていては、利益を上げることはできないと思ってください。
 
ですので、そうではなく、先ずは負けない要素が多い時に取引をすることを考えてください。

動ではなく、静の姿勢で

以上のことから、

「FXは攻め姿勢で動くのではなく、よい相場の流れがくることを待つ、静の姿勢を心掛ける」
 
という考え方をお勧めします。
 
 
一概にはいえませんが、FXでは経験を積むほどに取引回数が増える訳ではなく、プロトレーダーの方の取引は手法によって違があるにせよ、取引回数が多くありません。
 
それはやはり、少しでも不安要素があれば取引を見逃す姿勢でチャート画面をみており、そして確実に確信をもてる取引ポイントは少ないといえるからです。
 
 
曖昧な状況や状態なのに、自身の都合の良いプラス要因を増やして取引をして損失を出すよりも、不安要素が少しでもあれば静の姿勢で取引をしないようにしましょう。
 
取引したくなる気持ちは分かりますが、FXの世界では静の姿勢を基本とするべきであると、私は考えます。