FXをする時はこの様に考えよう

いかに勝つかよりも、いかにして負けないか

今回のブログは、前回のブログで書いたことと被りますが、FXをする時の方として必要であり大切なことですので、今回のブログでも再度書きますが、先ずは、

「いかに勝つかよりも、いかに負けを減らすか」

を考えることが大切になります。

損切りについても前回のブログで書きましたが、損失が出た時には潔く損切することも大切です。

投資に絶対はありませんので、前回はこのパターンで勝てたので、今回も同じ様なタイミングエントリーしたが、その後は相場が予想と反対に動いてしまい損失が出てしまったが、

「前回勝てたパターンなので、もう少し様子をみて、相場が戻ってきて少しでも利益が出るまで待とう。」

と都合よく考えてしまい、結局更に損失が増えてしまい、損失が増えてから損切りする羽目になってしまうパターンはよくあるパターンです。

投資に絶対はなく、エントリー後の相場がどうなるかは誰にも分からないので、「相場は確率論」と考えることが大切になります 。

感情を入れずにFXをする

特に負けた時に感情が入っていると熱くなってしまい、ギャンブル的な投資になってしまうのは、前回のブログでも書いた通りです。

結果に対して一喜一憂せずに自身のFXに対するルールやペースを崩さないことを心掛けて下さい。

FXの学びに終わりはないので、取引をしながらも勉強をし続けて、自身のルールをしっかりと決め、勝ちパターンを増やしていき、結果に感情を振り回されないことを意識してFXしていきましょう。