FX取引の際に気をつけること

慣れるまではレバレッジを大きくかけない

以前のブログで、レバレッジをかければ証拠金以上の取引ができ、利益も大きくなると説明させていただきましたが、その反面、損失がでた場合の損失も大きくなるので、気をつけなければいけないことも以前のブログでご説明させていただいております。

特に初心者の方は慣れるまでは低いレバレッジで取引をし、慣れるにつれてレバレッジをあげていくようにし、

「いきなり大きく利益を上げることを考えるよりも、先ずは勝率を上げることを考えましょう。」

焦ってエントリーしない

常に為替は変動しており、よいタイミングと思えることは実はそうはありません。

よいタイミングがこない事が続きますと、段々とエントリーのタイミングが曖昧になってしまい、ここのタイミングは手堅いからエントリーしよう。

ではなく、 

「このタイミングはまぁ、、大丈夫だろう。。」

という考えでエントリーしてしまいます。

このようなことは誰にでもあることですが、
プロトレーダは常に「休むは相場」を大切にしています。

焦っても何もよいことはありませんので、

「特に初心者の方は、エントリーできるタイミングを探すよりも、不安なポイントが少ないエントリーポイントがくるのを待つことを考えましょう。」

損切ができない

FX取引は買いか売りの注文を入れ、その後の値動き後に決済して初めて取引が完了となります。

注文を入れた後に予想どうりの値動きして決済すれば利益がとれますが、予想に反した方向に値動きして決済すれば損失となります。

予想に反した値動きをした後の考え方として、

「確率論とした相場がこう動いたのだから損失がこれ以上増える前に決済(損切り)しよう。」

「また相場が戻ってくるのを信じて決済(損切り)せずにもう少し様子をみよう。」

の二択になると思います。

根拠があって相場の様子を見続けるのは良いですし、実際に相場が戻り、損失の状態から利益が出るまで戻ることもありますが、希望的観点で決済(損切り)できないでいると、往々として更に損失が増え、あの時に決済しておけば良かった。。となります。

「損失はしょうがないと受け止め、その後の損失を増やさない為にも損切りすることが大切にしましょう。」

(損切りについてはこれからのブログで書かせていただきますが、一言でいいますと、注文後に損失がでた時に、これ以上損失が膨らむ前に決済することをいいます。)

熱くなってしまう

今書いた事と通ずる部分もありますが、自分の予想に反して損切りが続くと熱くなってしまい、おかしなタイミングでの取引をしてしまったり、むやみに取引をしてしまい、投資ではなくギャンブル的な思考でFXをしてしまいます。

そうなってしまうと損失が増えるばかりなので、感情的になってしまった時は、

「損失が続いてメンタルがブレた時は、FXから離れて気分転換をしたり、翌日までFXから離れるようにしましょう。」

以上のことを常に頭に入れておき、特に初心者の方は自身にとって都合の良い感情や欲を入れずに、

損失を出さない=負けない

を意識してFXをしましょう。