pips(ピップス)とは?

 pipsとは?

pips(ピップス)とはFXトレードを行う際に使われる通貨単位のことをいいます。

「今の取引の利益は10pipsでした」

というような使い方をしFXでの取引結果を表わしますが、pipsという言葉は一般的には馴染みのない言葉ですし、円や銭、ドルなどを何故使用しないのか疑問に感じられると思います。

FXでは異なる国の通貨同士で取引されますので、通貨単位のややこしさを取り除く為に pips が使用されているのです。

原則的に円が絡む通貨ペアは「小数点第二位 」
その他の通貨ペアはおおよそ「小数点第四位 」
が1pipとなります。(1のみの場合はPipで表記されます。)

米ドル/円では、為替のレートが

100.01
100.02
100.03

と、0.01毎に変動した値を1pipで表わします。 

先ほど書いた「今の取引の利益は10pipsでした」は「10pips」分の利益が変動取れたということになります。

pipsが指す最小単位は取引する通貨ペアによって異なる

今説明させていただいたように、pipsが指す最小単位は取引する通貨ペアによって図のように異なりますので、ご参照ください。

特に難しく考えることはなく、通貨単位を分かり易く表わしたものがpipsであると覚えてください。