スイングトレード

スイングトレードの基本

スイングトレードとは、数日から数週間程度の、相場の値動きを利用して利益を狙う取引手法。

トレードの期間は、相場によって、足の長さ(通貨等の種類)によって変わり、 取引期間としては中期的なトレード。
FXではレバレッジを5倍~10倍程度で取引されることが多いらしく、初心者の方は、最初はレバレッジを3倍~最大でも5倍程度に抑えると良いとされています。

 

トレードの手法 POINT

目標とする利ざやは、一般的に100ポイント(pips)~300ポイント(pips)程度に設定している方が多いそうです。

大きな一つの波動(波)を取るので、ポジションを持った後は、見ているチャートの一つの波が終わるまで保有することになりまます

通貨ペアの選び方

スイングトレードに向く、通貨ペアはトレンドが出やすい通貨ペアです。 それには、以下の要素を備えていることが必要です。

  • 比較的長くトレンドが続く通貨ペア
  • 流動性が高いメジャー通貨(マイナー通貨は不適切)
  • 自分の思ったとおりに動く(勘? 目測?)

実際には、現在、豪ドル/円やドル/円がトレンドが続きやすく、また身近な為、比較的分かりやすいようです。※適切な通貨ペアはその時々に変化していきます。

 

スイングトレードに利用するチャート

通常、スイングトレードは、1時間足や日足を見てトレードする場合が多く、長い足の影響を短い足が受けるため、
1時間足や日毎でトレードする時も、週足(週単位)や月足(月単位)など長い足から見ていくと良いといわれています。